2014年01月20日

生化学名詞解釈1


タンパク質の変性

タンパク質が、一次構造が変化せずに、高次構造のみ、特に水素結合が破壊され、その物理的、化学的性質が変化し、生物活性が喪失すること。
溶解度は低下、粘土の上昇、結晶能力の喪失、タンパク分解酵素の作用を受けやすくなる。



呼吸鎖(電子伝達鎖)

ミトコンドリアの内膜にあり、一定の順序で配列されている水素伝達体と電子伝達体は細胞の酸素を取り入れるという呼吸過程に密接に関連しているので呼吸鎖(電子伝達鎖)と言う。



酵素の活性中心

酵素分子中のいくつかの必須グループ(酵素分子の中の酵素活性に密接に関連している官能基)は特定の空間的構造を持つ領域を形成し、基質と特異的に結合し、基質を生成物に転換させる。この領域を酵素の活性中心と言う。
(cf.必須グループには結合基と触媒基がある。)



糖新生

糖でない物質がグルコースやグリコーゲンに変換される過程を糖新生と言う。主に肝臓や腎臓の細胞質ゾルとミトコンドリアにおいて行われる。
(cf.糖新生経路:ピルビン酸→グルコース)



タンパク質の腸内での腐敗

消化されないタンパク質および、吸収されないアミノ酸は腸内細菌の作用で悪臭を放つ物質に変換される。腐敗からの産物には有害物質(アミン、アンモニア、偽神経伝達物質、フェノール、H2S、インドールなど)や生体に利用できる物質(少量の脂肪酸とビタミン)がある。



制限性エンドヌクレアーゼ

二本鎖DNAの特異的配列を識別し、その識別部位あるいは周辺を切るエンドヌクレアーゼのこと。
T類、U類、V類があるが、通常、U類制限性エンドヌクレアーゼを指す。
パリンドローム配列を識別し、平滑末端や付着末端に切断する。



cDNAライブラリー

細胞のトータルmRNAを用いて全部の二本鎖DNAを合成することができる。これを遺伝子ライブラリー(cDNAライブラリー)と言う。

補足:cDNAとは?
転写で合成されたmRNAを相補する一本鎖DNAのことを言う。一本鎖cDNAを鋳型とし、重合反応で二本鎖DNAを合成することができる。



アニーリング

変性したDNAは適当な条件で二重螺旋構造を回復することができる。この現象を再生と言う。
特に、熱変性したDNAは緩やかに冷却すると再生させることができる。この過程をアニーリングと言う。
(Tm値より5℃低い温度はDNA再生の最適温度である。)



ポリシストロン

RNAポリメラーゼが転写する範囲を転写単位と言おう。また、個々の遺伝子をシストロンと言う。
真核生物の転写単位は基本的にシストロンと一致する。しかし、原核生物では1つのプロモーターの支配下に複数の関連遺伝子が並ぶことがあり、それをポリシストロンと言う。


10
ハウスキーピング遺伝子

細胞の生存に関わる重要な遺伝子(TCA回路を発現する遺伝子など)は、ほとんどすべての細胞で発現されていて、この遺伝子をハウスキーピング遺伝子と言う。

posted by iliaoning at 02:01| 名詞解釈1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。